オレ様的!ロックの殿堂!

・・・とか言っときながらいろんなジャンルの音楽を独断と偏見で紹介するぜぃ!
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

吉報!!

さっそくやねんけど今朝、友達からのメールで31日に梅田シャングリラでライブがあると。。。

そう!大阪公演は実に13年ぶりになるFISHBONEのライブが!!!!!(歓)

fishbone_f-up.jpg


ここ近年はフジロックや単独でも東京のみと大阪には来なかったフィッシュボーン!
その度に「どないなっとんねん!!」と毒づいていたオレ様。

が、ついに大阪にやって来る!!!!!!(興奮)
ってかぜんぜん知らんかったしぃ~。

オレ様ネットで時々、来日アーティスト情報調べんねんけど、フィッシュボーンは
まったく知らんかった。。。危ないとこやったわ!
ようゆうてくれたわ~、ひでボン、ほんまおおきにやで~。

話変わるねんけどゴールデンウィークはオレ様だけ休みもらって
家族でキャンプに行ったから結局テレヴィジョンのライブも観れずじまいでそろそろ
誰かのライブに行きたい病が発症していたとこ。でも、まさかフィッシュボーンのライブとは!!

フィッシュボーンのライブは20代の初め頃からずーっと行ってたし2000年やったと思うけど
フジロックの2ステージも観たし13年前の心斎橋クラブクアトロももちろん行ったし!
(でもそれ以降は観てなくて。。。)

あれから13年も経ったんや~

フィッシュボーンのライブを観た事ある人やったらわかると思うねんけど
とにかくライブが楽しい!いや、ほんまにめちゃくちゃ楽しいねんっ!
それこそ彼らの曲をまったく知らんくても間違いなく楽しめる、そんなバンドなんですわ~フィッシュボーンは!

音楽性はファンクにレゲエにスカにパンク、メタルとなんでもありのごった煮系ロック!
アルバムごとにどんどん進化していくねんけどやっぱり根本的にブラックミュージックのうねりと
リズムを強く感じる!
それにしても昔からチリペッパーズと共にLAのロックシーンで
地道に活動してきたフィッシュボーン、チリペッパーズは今やスタジアムバンドに、
かたやフィッシュボーンは今だに人気も知名度も低い。。。ええバンドやのにな~。

anthony angelo


でもフィッシュボーンがスタジアムバンドになったら見たくなくなるかもしれんけど。。。

アルバムは2000年に発表された「The Psychotic Friends Nuttwerx』以降は買ってなくて
ほとんど知らない。でも、そんなことはどうでもいい!
とにかくライブが観れるなら!
今まで観た彼らのライブはハズレなしどころかどれも最高のショウばっかりやったけど
その中でも1番印象に残ってるのは前回の心斎橋クラブクアトロでのライブ!

当時娘がまだ赤ちゃんで実家に娘を預けて嫁さんと友達もいっぱい誘って観に行った。
彼らのライブはいつもソールドアウトまではしないもののコアなファンで程よい集客数。

その日も「Party At Ground Zero」からライブが始まり会場も一気にヒートアップ!
それ以降の曲順はさすがに覚えてないけど彼らの代表曲、「Freddie's Dead」や「Ma And Pa」、
「Fight The Youth」に「Sunless Saturday」、「Everyday Sunshine」と目白押し!!

オレ様含め会場はモッシュにサークルにダイヴァー続出とカオス状態。
心斎橋クアトロに行ったことある人やったらわかるはずやけどフロアの後ろに少し段差があって
そこにカウンターと椅子があんねんけど興奮したオレ様はそのカウンターに乗っておもいっきりダーイブ!
何度かくりかえして。。。。ダーイブ!。。。勢いあまったオレ様はそのまま床に激突!(痛)
何とか立ち上がったところ誰かがオレ様の手を取って引っ張る!えええっ!?それは。。
な、なんとヴォーカルのアンジェロが。。。オレ様を引っぱって行く!
オレ様がダイブに失敗するところ見てたのかフロアーに降りてきてオレ様を引っ張って
そのままステージへと!!!
なされるがままに連れて行かれたオレ様、はじめはびっくりして戸惑っててんけど
気づけばトランス状態に!(笑)

その後もアンジェロはダイバーと化しフロアーの端から端まで泳ぎ回ったりと会場は大盛り上がり!
うちの嫁さんもアンジェロとハグしたりととにかく会場にいたみんながほんまに楽しんでいたし
バンドとオーディエンスの一体感は凄かった!

5月31日が待ち遠しい。
今ではクリスもいてないけどアンジェロとノーウッドが間違いなくなく会場を沸かすはず!

まだチケットとってない人、急いでとりましょう!(笑)
彼らの事知らんくてもシャングリラに行きましょう!(爆)

ライブが終わったあとは間違いなくFISHBONEに夢中になってるはずやから!!!













Fishbone 101: Nuttasaurusmeg Fossil Fuelin

新品価格
¥2,922から
(2013/5/17 20:01時点)



Truth & Soul

新品価格
¥1,428から
(2013/5/18 10:29時点)



The Reality Of My Surroundings

新品価格
¥720から
(2013/5/18 10:30時点)



Give A Monkey A Brain And He'll Swear He's The Center Of The Universe

新品価格
¥1,650から
(2013/5/18 10:36時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[ 2013/05/17 20:11 ] ロック Fishbone | TB(0) | CM(10)

Earthquake

Earthquake

みなさんいかがお過ごしでしょうか~毎度、久々のブログ更新です!

先週は島根県、松江市に仕事で一週間の出張に行ってたんやけどその時の出来事。
いよいよ最終日の土曜日の朝方、前日の金曜日にほぼ仕事を終え最後の夜という事で

近くの居酒屋で宴会をしてホテルに帰り「明日は家のベッドで寝れるわ~」とか
考えながら知らんまに寝てもうてた。
。。。なにやらベッドが揺れている!そう、地震で目が覚めた!
時計を見ると朝の5時半。

オレ様の宿泊しているホテルはJR松江の駅前のホテルで部屋は10階。
体感的には横揺れが20秒くらい続いたような気が。

昔、阪神淡路大震災を経験したオレ様にはどうって事のない揺れ。

とりあえずテレビをつけてみた。。。。え!震源が淡路島。。。しかも大阪は震度5!!

慌てて嫁さんに電話するも携帯が込み合って繋がらん!ほんでテレヴィ電話でかけ直す。
そしたら無事繋がった。嫁さんもすぐに電話に出たけど横には子供達も写っている。

話を聞くと地震でまず娘が起きてすぐに嫁さんと息子が寝ている寝室に飛んできたらしい。
普段はいちばん寝起きの悪い娘が真っ先に起きてすっ飛んでくるとはやっぱり地震は特別なんやな~。

でも嫁さんいわくそんなに大した揺れでもなかったらしく家も子供達も無事で何より!
それにしても家族と離れてる時に地震とかやめてくれや~って感じやわ~!
家族になんかあったらどないしてくれんねん!(怒)

それにしても昨日は伊豆諸島で地震と何やら嫌な予感が。
ニュースでは地震学者や大学教授が南海トラフが刺激されて地震活動期に入った可能性とか
。。。恐ろしい話が。
あの18年前の恐ろしい記憶が。。。

まずはこの曲を「Earthquake」(地震)



この曲、13Th Floor Elevatorsのセカンドアルバム『Easter Everywhere』(1967)に入っている。
このアルバムは前作『The Psychedelic Sounds Of The 13th Floor Elevators』と比べ
ちょっとテンポを落としたスロウな曲が多い気がするけどよく聴けばより深くより狂気的な
アルバムでこのアルバムをエレヴェイターズの最高傑作に挙げる人が多い。

次はアルバムの冒頭曲で彼らの代表曲の一つ「Slip Inside This House」
この曲はプライマル・スクリームもカヴァーしてる。





エレクトリックジャグのトゥクトゥク音も健在で相変わらずのイカれっぷり。
2曲目「Slide Machine」ミドルテンポやけどキラキラドリーミィーなサイケがたまらん!





次はディランのカヴァーで「It's All Over Now, Baby Blue」
コレがまたえぇ味出してますねん、ほんまっ!





これも代表曲「I've Got Levitation」ロケンロォ~





次は牧歌的なカントリーフォークで「I Had To Tell You」
この曲は隠れた名曲!





それにしても地震は怖い。もしもの時に備えとかなあかんな~。色んな事を。

最後にバットホールがカヴァーした「Earthquake」
途中グロ映像が出てくるけど(汗)



また来週から松江やねんけど何事も起こりませんように。。。

Easter Everywhere

新品価格
¥1,077から
(2013/4/18 16:24時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
プロフィール

呑まれてる蔵

Author:呑まれてる蔵
中学生のときに出会ったパンクロックをきっかけに音楽に目覚め、その後いろんな音楽に傾倒しながら今やいっぱしのおっさんになりさがりましたがいまだジャンルに拘らずいい音楽を模索する旅を続けておりますです。

全記事表示リンク
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数: