オレ様的!ロックの殿堂!

・・・とか言っときながらいろんなジャンルの音楽を独断と偏見で紹介するぜぃ!
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1969年という年。。。

iggy.jpg



1969年


じつはオレ様は、1969年生まれ。
オレ様が生まれたこの年は記念すべきThe Stoogesがレコードデビューした年。
ストゥージズといえばイギーポップなわけでこのイギーは1947年にミシガン州で
生まれた。

「えええ===っ!!!。。。うちのオカンと。。歳、一緒やんけ~~」(笑)

1967年にストゥージズを結成。74年までにアルバムを3枚出している。
どれもめちゃくちゃいいねんけど今回は1stアルバム『The Stooges』の紹介。

ストゥージズの名前をはじめて目にしたのは多分セックスピストルズがカヴァー
していた「ノーファン」かシド・ヴィシャスの『シドシングス』の中に入ってる「I Wanna Be Your Dog」
このどっちか。。かなり昔やからはっきりとは覚えてないけど当時中学生のオレ様は
「へ~、この曲、ストゥージズってバンドの曲やねんや~」ぐらいに思ってた。

その頃はロンドンパンクに夢中で他のバンドにはそれほど興味も無かったし。。。
でもこのイギーポップがいてなかったらもしかしたらピストルズもシドの名も
世間には存在してなかったかも。。。イギーというとキング・オブ・パンクやら
パンクのゴッドファーザーとかよく言われてるけど当の本人にはそういった
意識はあるわけもなく、だいたいパンクというロックのジャンルすら存在してなかったわけで

彼らの音楽を聴いて影響された若いやつらがロックを鳴らしたらパンクロックと呼ばれただけで。
でも、結局ストゥージズがパンクロックのルーツの一つであることは紛れもない事実。
(もちろんMC5やラモーンズ然りやけど)
で、イギーポップが影響受けた音楽はヴェルヴェッツや60年代のガレージバンドや元を辿れば
ビートルズにストーンズに繋がるんかな!?

とにかく荒々しく尖がったロックをサイケデリックに鳴らしているこの1stアルバム
『The Stooges』冒頭曲の「1969」





2004年のライブ映像もついでに(これは2003年に再結成された後のライブでベースを弾いているのはあの
ミニットメンのマイク・ワット、レッチリのブラッドシュガーセックスマジックを持ってる人は興味が
あったら見て欲しいねんけどアルバムの裏の曲名のあたりに彼の名前がクレジットされてる。

次は2曲目でシドもカヴァーしてた「I Wanna Be Your Dog」。
シンプルなパワーコードをこんなけかっこよく聞かせるイギーの存在感と迫力。。。すごいな~



次は聴いていて恐ろしくなってくる呪縛のような。。お経のような。。。暗い闇の世界に
引き込まれそうな3曲目「We Will Fall」



続く「no fun」、「Real Cool Time」もかっこいいけどその次の曲「Ann」、じつはこのアルバム
ヴェルヴェッツのジョンケイルがプロデュースしているだっけあってこの曲にこそジョンケイルの
手腕が現れているとオレ様は思っている。



イギーのステージパフォーマンスは過激で自分の体をナイフで切り刻んだり
観客を自由にステージに上げたりとなんでもあり。

いggy 地


激しく腰を振りながら踊り狂うその様は一つ間違えば江頭2:50、そうあのえがちゃん(笑)
今現在もあの体型を維持し踊りまくるあのパフォーマンス、イギー。。あんたは
なんちゅうおっさんやねん(リスペクト)
パンクやらガレージやらいろいろ言われているけどこのストゥージズ、60年代のサイケデリックやガレージロックを継承しつつ
ストリートの臭いを放ち激しくクレイジーなロックンロールを掻き鳴らしている。
この人を見ていて思うのはパンクとはロックのカテゴリーではなく生き様やないかと。。。!?


Stooges (Dlx)





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2012/10/16 10:55 ] ロック The Stooges | TB(0) | CM(0)
プロフィール

呑まれてる蔵

Author:呑まれてる蔵
中学生のときに出会ったパンクロックをきっかけに音楽に目覚め、その後いろんな音楽に傾倒しながら今やいっぱしのおっさんになりさがりましたがいまだジャンルに拘らずいい音楽を模索する旅を続けておりますです。

全記事表示リンク
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。