オレ様的!ロックの殿堂!

・・・とか言っときながらいろんなジャンルの音楽を独断と偏見で紹介するぜぃ!
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Earthquake

Earthquake

みなさんいかがお過ごしでしょうか~毎度、久々のブログ更新です!

先週は島根県、松江市に仕事で一週間の出張に行ってたんやけどその時の出来事。
いよいよ最終日の土曜日の朝方、前日の金曜日にほぼ仕事を終え最後の夜という事で

近くの居酒屋で宴会をしてホテルに帰り「明日は家のベッドで寝れるわ~」とか
考えながら知らんまに寝てもうてた。
。。。なにやらベッドが揺れている!そう、地震で目が覚めた!
時計を見ると朝の5時半。

オレ様の宿泊しているホテルはJR松江の駅前のホテルで部屋は10階。
体感的には横揺れが20秒くらい続いたような気が。

昔、阪神淡路大震災を経験したオレ様にはどうって事のない揺れ。

とりあえずテレビをつけてみた。。。。え!震源が淡路島。。。しかも大阪は震度5!!

慌てて嫁さんに電話するも携帯が込み合って繋がらん!ほんでテレヴィ電話でかけ直す。
そしたら無事繋がった。嫁さんもすぐに電話に出たけど横には子供達も写っている。

話を聞くと地震でまず娘が起きてすぐに嫁さんと息子が寝ている寝室に飛んできたらしい。
普段はいちばん寝起きの悪い娘が真っ先に起きてすっ飛んでくるとはやっぱり地震は特別なんやな~。

でも嫁さんいわくそんなに大した揺れでもなかったらしく家も子供達も無事で何より!
それにしても家族と離れてる時に地震とかやめてくれや~って感じやわ~!
家族になんかあったらどないしてくれんねん!(怒)

それにしても昨日は伊豆諸島で地震と何やら嫌な予感が。
ニュースでは地震学者や大学教授が南海トラフが刺激されて地震活動期に入った可能性とか
。。。恐ろしい話が。
あの18年前の恐ろしい記憶が。。。

まずはこの曲を「Earthquake」(地震)



この曲、13Th Floor Elevatorsのセカンドアルバム『Easter Everywhere』(1967)に入っている。
このアルバムは前作『The Psychedelic Sounds Of The 13th Floor Elevators』と比べ
ちょっとテンポを落としたスロウな曲が多い気がするけどよく聴けばより深くより狂気的な
アルバムでこのアルバムをエレヴェイターズの最高傑作に挙げる人が多い。

次はアルバムの冒頭曲で彼らの代表曲の一つ「Slip Inside This House」
この曲はプライマル・スクリームもカヴァーしてる。





エレクトリックジャグのトゥクトゥク音も健在で相変わらずのイカれっぷり。
2曲目「Slide Machine」ミドルテンポやけどキラキラドリーミィーなサイケがたまらん!





次はディランのカヴァーで「It's All Over Now, Baby Blue」
コレがまたえぇ味出してますねん、ほんまっ!





これも代表曲「I've Got Levitation」ロケンロォ~





次は牧歌的なカントリーフォークで「I Had To Tell You」
この曲は隠れた名曲!





それにしても地震は怖い。もしもの時に備えとかなあかんな~。色んな事を。

最後にバットホールがカヴァーした「Earthquake」
途中グロ映像が出てくるけど(汗)



また来週から松江やねんけど何事も起こりませんように。。。

Easter Everywhere

新品価格
¥1,077から
(2013/4/18 16:24時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

奇人、変人、テキサス人 Part2

奇人、変人、テキサス人 Part2

elevators_livesm.jpg


オレ様の両足を深い深い底なしのサイケ沼に
引きずり込んだバンド!

今日は13th Floor Elevatorsのアルバムの紹介を・・・
オレ様のブログの過去の記事にもよくその名前が
出てきているがテキサスのオースティンで結成された
このエレヴェイターズ、活動期間は65年から69年と
短命で終わった。でも当時から現在まで、色んなアーティストに与えた影響は
はかり知れないものがある。テキサスではカルト的な
人気を獲得しのちのパンクロックなどへの影響も大きい。
ここらへんはヴェルヴェットアンダーグランドにも通じる
ものがある。70年代からテレヴィジョンが彼らの曲をカヴァー
したりその後も色んなアーティストにカヴァーされてきた。
あのジョニーデップちゃんも彼らをフェイバリットに挙げている。

中心人物の一人でエレクトリックジャグ奏者のトミーホール
のアイデアでアルバムのレコーディングやライブ等でLSD等の
幻覚剤を服用してプレイしていたらしい。
(日本では薬物は犯罪です!良い子は絶対に真似したら
あきませんよ…笑)
で、エレヴェイターズといえば真っ先に浮かんでくるのは
この目玉の怪しいジャケットの絵。

目玉


これは彼らの66年発表のデビューアルバム『The Psychedelic Sounds Of The 13th Floor Elevators』。
冒頭の曲You're Gonna Miss Meは映画「ハイ・フィデリティ」の
オープニングにも使われていた。



サウンドはというとサイケデリックな要素もあるが
どっちかというとストレートなガレージロックな印象。
他にも名曲はたくさんあるし次作の
『Slip Inside This House』もより深いアシッド感たっぷりのサウンド。
そこらへんはまた今度取り上げるつもり。。。

で、今回紹介するのは彼らのサードアルバムで実質ラストアルバム、
69年発表の『Bull Of The Woods』前作までの彼らの個性であるエレクトリックジャグ
のトゥクトゥク音は少し影を潜めたがなんの、なんの。。より深く完成された
サイケデリックサウンドを確立している。このバンドのサウンドを
サイケデリックに彩るのはやっぱりロッキーのこのヘロヘロに浮遊する
ヴォーカルに他ならない。

まずは冒頭のサイケデリックブルーズナンバーLivin' Onから



続いて2曲目のリバーブの聴いたギターカッティングが気持ちいいBarnyard Blues。



3曲目はこのアルバムの中でも一番ポップな印象のTill Then

この動画をちょうど1分のトコで止めて見て欲しい。
フェスか何かのポスター!。。。すごいメンツが揃ってる。。。今やったらすごい事になるわ!(笑)



アカンアカン!ほっといたら全曲紹介してしまいそうになる。。。(それぐらい彼らの音楽は捨て曲なし)
次は2分弱の極上ロケンロ~ナンバーDown By The River



しゃーないから最後にするか~(笑)リバーブとディレイが
効果的なドリィーミィーサイケナンバーMay The Circle Remain Unbroken



ここまで聴いてもらってどう感じたかはわからんけど
結構ポップで聴きやすい曲が多いでしょ??(どこがやねんっ。。。て声が聞こえてきた…笑)

これほど完成されたアルバムやけどこの時すでヴォーカリストでギターの
ロッキーエリクソンはステージにも立てないほどに精神に異常をきたしていた。
トミーも重度の薬中状態。音楽性を追求する為のドラッグの服用により
バンドの継続が出来なくなるって本末転倒な結末でバンドは崩壊した。
この後ロッキーは3年間、精神病院に隔離された。なんともったいない事か
その後はソロとして現在も活動している。

彼らと同郷で繋がりも深い同世代のバンド、レッドクレイオラ等と比較したら
そのポップさがわかるはず。。。オレ様はレッドクレイオラも大好物やけど(爆)

このエレヴェイターズを語るにはまだまだこんなんじゃ足りない。。。
目玉ジャケットのアルバムもセカンドアルバムもほんまに素晴らしいから
またちゃんと紹介するのでそれまで乞うご期待くださいまし(笑)。。え!?。。そんなんいらんって!?(爆)

Bull of the Woods (Reis)





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
プロフィール

呑まれてる蔵

Author:呑まれてる蔵
中学生のときに出会ったパンクロックをきっかけに音楽に目覚め、その後いろんな音楽に傾倒しながら今やいっぱしのおっさんになりさがりましたがいまだジャンルに拘らずいい音楽を模索する旅を続けておりますです。

全記事表示リンク
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。