オレ様的!ロックの殿堂!

・・・とか言っときながらいろんなジャンルの音楽を独断と偏見で紹介するぜぃ!
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BIGCATに降臨したギター神!

Hostess Club presents
Dinosaur Jr / Thurston Moore 2012・11・2 大阪BIGCAT
bnn_dinosaurjr_thurston.jpg



いやいや、行ってきましたで~!
ダイナソーJrとサーストンの対バンライブ。

一夜明けた今でもまだ耳鳴りが。。。(笑)

今回はオルタナ・インディーシーンの重要バンドの競演という事もあり
出番の順番をいろいろ想像していたが
結局はサーストン・ムーアのバンドが最初に登場。
対バンライブといっても今回のライブは
サーストンが前座的な扱いなのか、客もマッタリな感じで
おとなしくサーストンのニューバンドを見守るといった感じかな!?(心なしか音量も控えめ)
メンバーはサーストン以外にギタリストにドラムス。あとベースがおねーちゃんで
彼女は曲によってはバイオリンに持ち替えてプレイする。

サウンドは。。。やっぱりソニックユース的な不協和音に相変わらずの
ノイズ合戦!独特のギターリフが怒涛の如く繰り出される。(気持ちええな~)

ライブ終盤にはサーストンのギターの弦が切れるというハプニングもあったけど
(オレ様、こういうハプニングになったら黙っていられずつい冗談で
「サーストン!はよせ~よっ」と、野次を飛ばす)笑
それすらもショウの一部のように会場を和ますジョークを飛ばすサーストン!
さすがはベテラン!終始和やかないいライブやった。

さ~次は待ちに待った恐竜達の出番やでっ!!!(興奮)
相変わらずステージはマーシャルの壁、壁、壁!(笑)

ドラムのマーフの登場で会場は一気にヒートアップ!!!
サーストンの時とは明らかに違う場内の熱気!

怒号の歓声の中、ルーとJのご登場(うおぉ===!オレ様の中に流れる獣の血が騒ぐ)

最近のダイナソーのセットリストをチェックしていたらほとんどが
アルバム『I Bet On Sky』の最後の曲「See It On Your Side」からのスタート。
当然、このパターンと思いきや。。これがうれしい誤算でなんと
「Just Like Heaven」でスタート!!オレ様はやくも興奮状態!!




ここで気付いた「J痩せてるやん」以前に比べちょっとほっそりしたJ
オレ様思わず「ジェ~イ痩せたや~~ん!」と大声で叫んでいた!(笑)

次はオレ様の大好物「The Lung」!!(やばすぎやって)




最近のライブではこの曲、はずされる事も多かったから熱望していたこの曲の
イントロが始まった瞬間、熱い思いが込み上げて来た。(嬉し泣き)
ここでようやくニューアルバム『I Bet On Sky』からルーがヴォーカルをとる
「Rude」!いつも思うことやけどルーの作るポップセンス抜群の曲が
ダイナソーサウンドにアクセントをつける!ほとんど無表情で熱いギターを
掻き鳴らすJに対して控えめながらもニコニコ笑いながらとMCを入れたりと
ファンサービスがいいルー。リッケンバッカーがよく似合う!

ここで「The Wagon」 の登場!!
「もう、我慢できひん」とばかりにオレ様と友達の86%ゴッド14%ひでぼんが満を持してモッシュ開始!!!
それまで我慢していたのか、オレ様達が作ったモッシュピットに一気に猛者が乱入!!
「おおおおおっ!ええやんけ~~お前ら!最高やんけっ!」
そっからはオレ様達の周りは終始モッシュ合戦状態!
(周りにいた人達、嫌な思いさせてたらすいません(汗))
もうええ歳やねんからモッシュとかせんとちゃんと音楽を聴こうと思うねんけど。。。(汗)
この轟音垂れ流しロックを聴いたら体が勝手に反応してしまう。。
こういうのは理屈や無く脳が引き起こす科学反応な訳で(言い訳)
でも実際モッシュとか嫌う人も多いわけでこの場を借りてお詫びします。(反省)

この後も「Start Choppin」に『I Bet On Sky』からの
「Don't Pretend You Didn't Know 」、「Watch the Corners 」と続き
休むまなく繰り広げられる名曲の数々!!「Freak Scene」から
「out there」への流れ。これがまたやばかったし!!(暴)





ここでルーがMCを入れる。なんて言ってるかわからんけど
昔の曲でJがドラムを叩いてた時代の曲とか言ってたのはわかった。
そう、ダイナソー結成以前にルーがギターでJがドラムで組んでいたハードコアバンド
Deep Woundの「Training Ground」という曲に突入!(このアルバム持ってるけど
当時とは演奏技術も違うからかすっかりダイナソーサウンドに消化されていた)



ここからも「Freak Scene 」に「Budge」再びルーの曲「Forget the Swan」(これルーの曲の中でも名曲中の名曲)
にヘヴィーでサイケなキラーチューン「Sludgefeast」で会場は爆発寸前で本編終了!!








でアンコールの歓声の中、再び恐竜様御一行の登場でラスト曲は「In A Jar」!




これまたオレ様の大好物で感無量!!J様のサンクスの言葉を最後にライブ終了!!
オレ様、汗だくで完全燃焼!(爆)

この日のセットリストは最初から最後まで飛ばしまくりのハードな選曲!
恐るべし!恐竜様達!白髪を振り乱しながらライトを背に
轟音ギターを掻き鳴らすJの姿は神懸かっていた!!

P1000187 - コピー


欲を言えば「Little Fury Things」や「Raisans」も聴きたかったけど
それは贅沢というもの。
 
今回のライブは選曲も音圧もすべてがグレイト!!
今回のライブに行って思ったのが「オレ様は死ぬまでダイナソーJrが大好き」という事!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2012/11/03 12:27 ] ロック Dinosaur Jr | TB(0) | CM(9)

東京だけとあきらめていたら、ま。まさかの。。ダイナソー。。。

東京だけとあきらめていたらまさかの。。

dino.jpg


昨日はダイナソーJrのニューアルバム『I BET ON SKY』をずーと聴いてた
。。。これがめちゃめちゃいいんですわ~。
昔からダイナソーのファンでルーやマーフがぬけて実質
Jのソロと化してからもフォッグになってからも
ずっと聴き続けてきたし。

2005年に再結成してからのダイナソーも聴き続けてきた。
再結成してからこれで3枚目のアルバム。
再結成した時はまさかここまで続くとは思ってなかった、
というのが正直な気持ち。

だいたい再結成するバンドって金目当てやったり
いざアルバム出してもいまいちやったりするわけで。。。

それが再結成後のアルバム1発目から『おおおっ!!!!』
『ぜんぜん衰えてないやんけ~~』。。。みたいな(笑)
再結成、再結成うるさいねんっ!!(すんません)汗汗

そっから前作の『Farm』といい、やっぱりこの人達は恐竜やわっ!
ほんまっ!男前過ぎるわ!
で、この『I BET ON SKY』はというと前2作以上にバンドの雰囲気がいいのか!?
とにかく最高の出来なんですわっ!!
もともとメンバー、特にベースのルーとJの不仲で解散したいきさつがあっただけに(Jがギターでルーを殴ったとか。どうとか )

ここまで素晴らしいアルバムを作ってくるとは
『あんたらほんま最高やわ=====』と叫びたいぐらい(笑)

。。。んん!?。。。記事のタイトルなんやったっけ??? 
そやそや東京だけとかなんとか。。。。やったな。そうそうそれでんがな~

オレ様が言いたかったのはっ!アルバムの発表前から東京のイベントで
Hostess Club Weekenderといのがあんねんけど
そのイベントにダイナソーとソニックユースのサーストンが出演すると聞いて
『おい、おい。。。大阪はスルーかいっ』
と悪態ついてましたんや~

ほんで昨日ネットでいろいろ見てたら
『ええっ 大阪にも来るやんけ~、いや、来てくれはるやんかいさ~!!!』(泣き笑い)

うれしすぎて昨日の夜はなかなか寝られへんかった(笑)

さっそく今日コンビニにチケット買いにいってんけど整理番号100番!!(マジで~?)
ジャスト100番、このレアな組み合わせやのにまだ100枚しか
売れてないってどうよ。

あんまりこの情報知られてないんかと思って
思わずMixiのダイナソーのコミュに宣伝かましたった!!!(笑)

では、このアルバムについてちょっとだけ書かせてもらいますね~!

まず、冒頭を飾る「Don't Pretend You Didn't Know」って曲!
いきなり軽快なカッティングからはじまる。
このギター聴いた瞬間から。。。ニヤニヤが。。止まりませんねん(笑)



このキャッチーでポップやけどどっか寂しいようなメロディ!『ええわ~。』
この曲はダイナソーというよりは
ザ・フォッグ時代の『フリーソーフリー』の頃の曲調に似ている。
2曲目の「Watch the Corners」は最近のダイナソーサウンドそのもの!
轟音の中にJの脱力系ヴォーカルと哀愁たっぷりな切ないメロディー。
ダイナソーの得意技。



このビデオ見たら。。ちょっと複雑な気分に。。。
うちも年頃な娘がいるもので。。。
3曲目の「Almost Fare」はユルユルなポップソングと、基本的には何も変わっていない。
「いや、変わらんといてくれっ!」
5曲目はルーがヴォーカルをとる「Rode」
たぶんルーが作った曲やと思うけどルーが作る曲はまたJの曲とはまた違った魅力があって
『これ、セバドーの新曲』
といって聴かされたらわからへんと思う。この2人が作るからこそ
今のダイナソーサウンドがある。  『変わってへんやんけっ』(ひとりツッコミ)

全曲聴いてみて言える事はただ1つ!!変わってへんやんけ!!!!(爆)

。。せやけど。。。まさかダイナソーがこんなに早く観れるとは。。
しかもサーストンまで(感極まる)
最近仕事のないオレ様にこのライブを許可してくれたかーちゃん。。。
『おおきに、おおきに、ほんま。おおきに、やで』(泣)



アイ・ベット・オン・スカイ




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[ 2012/10/01 19:17 ] ロック Dinosaur Jr | TB(0) | CM(2)

Dinosaur Jr

Dinosaur Jr

オレ様のめちゃくちゃ好きなギタリスト、J.Mascis率いるダイナソーJr!

80年代中頃にアメリカはマサチューセッツで結成されたロックバンド!
オリジナルメンバーで2005年に再結成してもうすぐ新作も発表されるみたい(嬉)







You're Living All Over Me


Bug


Dinosaur Jr






ダイナソーのアルバムははずれなしやけど You're Living All Over Meがオレ様的には最高傑作!!!
荒々しいJのギターにベースをギターみたいに弾きまくるルー、J.マスシス&ザ フォッグも
いいけどやっぱりJとルー・バーロウによるダイナソーJrはかっこいい!

で、さっき知ったんやけどダイナソーが来日するって!!

でも・・・どうやら東京だけみたい。そのうえサーストン・ムーアまでもが来るとは!

Hostess Club Weekenderというイベントらしいけどはじめて知った。この前はアリエル・ピンク
も来てたんや~~ショックぅ~~

大阪でもやってくれぇ===
Farm出してから大阪にきてないはず。
来年あたり日本ツアーに来てくれへんかな~、クアトロあたりで見たいな~~。
今は無き心斎橋クラブクアトロで4,5年前に観たダイナソーのライブは選曲、音響、雰囲気
すべてにおいてめちゃくちゃよかった。今まで見た中でも一番よかった。

ダイナソーの魅力はもちろんJのギターとけだるそうに嫌々歌っているようなJのボーカル。

ほんまはかなりの技術やと思うけど、ちょっとへたうま的なギター!
あとメロディーがええねんな~~ダイナソーは。

再結成したバンドはすぐ活動休止したり勢いがなくなったりと結構むづかしいとこあるけど
このダイナソーは歳こそとったけど出てくる音は今も変わらず轟音をおもいっきり垂れ流しまくっている。





Where You Been



ビヨンド


Farm (Dlx)



最後にJ. Mascis & The Fogの曲


More Light



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[ 2012/08/08 23:57 ] ロック Dinosaur Jr | TB(0) | CM(0)
プロフィール

呑まれてる蔵

Author:呑まれてる蔵
中学生のときに出会ったパンクロックをきっかけに音楽に目覚め、その後いろんな音楽に傾倒しながら今やいっぱしのおっさんになりさがりましたがいまだジャンルに拘らずいい音楽を模索する旅を続けておりますです。

全記事表示リンク
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。