オレ様的!ロックの殿堂!

・・・とか言っときながらいろんなジャンルの音楽を独断と偏見で紹介するぜぃ!
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リップスリップスリップス!

最近は仕事が忙しく来週の木曜まで休みもない!一時期まったく仕事がなかった事を
思えば喜ばなアカンな~と思いつつまだ腰が本調子では。。。ストレッチ、ストレッチ!

今回はフレーミングリップスの86年のファーストアルバム『Hear It Is』の紹介!!
今でこそリップスと言えばエンターテイメント性を前面に押し出した壮大で
メロディアスな曲が多いがこのファーストアルバム『Hear It Is』はノイジーで
サイケデリックでガレージパンクの要素とバンドの初期衝動に荒削りながらも
良質なロックを鳴らしていてめちゃくちゃかっこいい!!
でもよく聴けばわかると思うけど99年の彼らの転機となったアルバム
『The Soft Bulletin』を彷彿させるメロディーも所々に見せている。

リップスは82年にオクラホマで結成された。ギターヴォーカルのウェイン・コインと
ベースのマイケル・アイヴァンス以外は不定期に入れ替わってきた。サウンドの変化は
そのあたりにあるんやろな~?

近年のリップスのライブはウェインが風船の中に入ってオーディエンスの上を
転げまわったり無数の風船が観客の上を飛び跳ねたり気ぐるみがたくさん登場したりと
かなり楽しいステージパフォーマンス!(オレ様もサマソニで2回体験した)

flaming-lips-on-nye.jpeg


でも80年代のリップスのステージはシンバルを燃やしたりステージで
バイクのエンジンを吹かしまくったりと変態的な奇行も目立っていたらしい。

それもそのはずリップスはバットホール・サーファーズにかなり影響を受けていたみたいで
当事はバットホールと対バンでツアーを回ったりとかなり親密な関係やったみたい!

まずは冒頭曲!「With You」ゆったりとしたギターで始まり
ヴォーカルが絡んで。。。ノイジーに一気に昇天するダイナミズムが気持ちいい!!





次はパンキッシュなガレージグルーヴが脳天直撃間違いなし!!!!
「Unplugged」!!!





次は叙情的なメロディーが飛び交う「Trains, Brains & Rain」





次は7分にも及ぶダークでサイケデリックな呪縛的ナンバー「Jesus Shootin' Heroin」!



C Am Emを繰り返すだけのこのシンプルなコード進行でこんなに怪しい雰囲気を
醸し出すとはなかなかよくわかった奴ら!!(笑)



次はスピリチュアライズドみたいなスペーシーでフォーキーな「She Is Death」!





次はノイジーで破壊力200%のパンクロック!「Man From Pakistan」!!





次はギターリフがソニックユースの「Silver Rocket」によく似ている
「Killer on the Radio」



フレーミング・リップス、この後もアルバムを出すごとにどんどん進化して
新しい事や実験的な事も試しながら今現在のサウンドに到達した!!
まだまだこれからも進化していくに違いない!!

最後にメンバーの幼少時代からの姿を長年に渡り撮り溜めたドキュメンタリー!
Lipsというバンドがよく解る映画になっている!!
予告編がこれ!




Hear It Is




フィアレス・フリークス:ザ・フレーミング・リップス ストーリー [DVD]


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2012/11/22 20:42 ] ロック Flaming Lips | TB(0) | CM(0)

The Flaming Lips

Flaming Lips

ピンクフロイドの名盤と言われてる73年発表の『狂気 The Dark Side Of The Moon』を
フレーミングリップスとフロントマンのウェインの甥っ子のバンド、スターデス・アンド・ホワイト・ドワーフス(聞いた事ないバンド)にヘンリーロリンズ、ピーチーズが
参加している。狂気、完全カヴァーアルバム。これだけで話題性、抜群!!・・・オレ様的には。

この『狂気』はピンクフロイドのレコードでいちばん売れたアルバム。でも自分はシドバレットが好きで1stアルバムの『The Piper At The Gates Of Dawn』
がいちばん好き。2nd『神秘 A Saucerful of Secrets』も気に入ってる。その後のギルモア時代もいいねんけどやっぱりシド。

で、このリップスの狂気フルカヴァーアルバムはというとこれがなかなかのもん。
ひょっとしたらオレ様にはこっちのほうが好みかも。





まずジャケットがいい。赤ん坊の目から虹の様な光線!!なかなかのインパクト。
オリジナルを忠実にカヴァーしてるわけやないけどリップスのファン、ピンクフロイドのファンどっちでもいけそうな気がする。

リップスの曲は初期から中期の頃が好きやったけどこれ聴いてから最近のアルバムも聴くようになった。

このアルバムをライブで再現したりもしている。



Dark Side of the Moon




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[ 2012/08/17 18:18 ] ロック Flaming Lips | TB(0) | CM(0)
プロフィール

呑まれてる蔵

Author:呑まれてる蔵
中学生のときに出会ったパンクロックをきっかけに音楽に目覚め、その後いろんな音楽に傾倒しながら今やいっぱしのおっさんになりさがりましたがいまだジャンルに拘らずいい音楽を模索する旅を続けておりますです。

全記事表示リンク
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。