オレ様的!ロックの殿堂!

・・・とか言っときながらいろんなジャンルの音楽を独断と偏見で紹介するぜぃ!
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

iPhone5

iphone5.jpg

今日は久々に仕事休みでゆっくり寝れるわぁ~、と思いつつも朝7時に
目が覚めてしまう。やっぱりこういうとこがおっさんやわ~。(笑)

最近はブログの更新もせんと仕事から帰って一杯やりながら
ちょろっとギター弾いたり音楽聴いたりしてから寝る。。。
 「今日はブログ更新するで~」とか思いつつも結局先送りに(苦笑)

そうそう!2週間前に初めてのスマホとやらを購入!
前からずーとiphoneが気になっていて、でもオレ様一家は
ずーとドコモ携帯を使ってたから「いつかドコモからiphoneでるやろ~」
と期待しつつ待ってたけど、どうやらドコモからiphoneはないらしい。。。
で、ついに嫁さん、娘と3人一緒にiphoneに替える事に!

その日はたまたま実家に用事があり岸和田の国道を車で走ちゃったらauショップに
気になる張り紙が!「他社からの乗り換えキャッシュバックキャンペーン実施中!」と
しかもiphone5もその対象ということですぐにショップに行って聞いてみた。

店員が「iphone5も1万円のキャッシュバックです。」。。。じつは少し前にiphone5に
替えようとキャッシュバックしてるショップを探したけど他の機種はキャッシュバック
あってもiphone5だけはどこもキャッシュバック対象外で結局あきらめていた。

なんでキャッシュバックにこだわるかと言えばドコモを解約するのに違約金として
1台につき1万近くとられるらしく家族3人で3万円もドコモに持っていかれる!!
しかもオレ様と嫁さんは10年以上もドコモ携帯使ってるのに。。。

娘が携帯買換えた時にファミ割50とかいうプランに変更してその更新月以外に
解約すると違約金が発生するみたい。携帯の契約とかプランとかどうも
ややこしくて頭の悪いオレ様にはよくわからん。(笑)

で、「このキャンペーンは明日までです」の店員の言葉に「よっしゃ!ほな
3台こうちゃるわ~、iphone5、3台こうちゃるで~!」と予定外のいきなりの
出費は痛かったけど念願のiphone5、まだまだ使いこなせてないけど
なかなか面白い!
ただ、この前面ガラス仕様のiphone5、オレ様のハードな仕事にはちょっと不安。
しかも仕事中に電話落としたりとかよくあるし。
家の近くの電気屋はiphoneの
ケースとかアクセサリ類が豊富に揃えてるから見に行く事に。

確かにたくさんのケースが置いてあるけどオレ様が考えていたような物はなく
どれもオレ様には心もとない物ばかり。結局、嫁さんと娘は気に入った
ケースを購入し、オレ様はネットで調べる事に。

結局amazonで丈夫なハードケースを購入。嫁さんのiphoneよりひとまわり
大きくなったけどかなり頑丈そうで一安心。オレ様みたいな肉体労働者には
絶対おすすめ!しかも造りの割りに値段も手頃やし。

【正規代理店品】OtterBox Defender for iPhone 5 ライム/ネイビー OTB-PH-000014

新品価格
¥2,480から
(2013/1/27 11:18時点)



オレ様はこの色買ったけど他にも色んな色がある。なんでこの色買ったかというとその時
一番安かった。(笑)でも価格は流動的で日によってころころ変わるから安い時にうまく買うのが得策!


では、音楽ブログなので最後に1曲
ドノヴァンのカヴァーで
butthole surfers「The Hurdy Gurdy Man」



Piouhgd / Widowmaker

新品価格
¥1,076から
(2013/1/27 11:33時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

NO WAVE!!!

Suicide/Suicide(1977)

band3.jpg


スーサイドは1971年にニューヨークで結成された
エレクトロニックパンク・バンド!(このヴェガの写真、尾木ママにしか見えへんねんけどw)

70年代に起こったニューヨーク、ノーウェイブシーンの先駆け的なアーテイスト。
アヴァンギャルドでエクスペリメンタルなサウンドを鳴らす2人組み。

Alan Vega (アレン・ヴェガ) ボーカル   
Martin Rev (マーティン・レヴ) キーボード

1977年に発表された1stアルバム、『Suicide』の紹介。
メロディーを徹底的に排除したミニマルで凶暴なサウンドはのちの
インダストリアルやエレクトロニックミュージックに多大な影響を与えた!!

チェーン振り回したりと過激なライブパフォーマンス、その音楽性と
相まって、当事はかなりの異色な存在やったみたい。

Silver ApplesやThe Stoogesに大いに影響されたサウンド!
じっくり聴いてるうちに。。だんだん恐怖と不安に包まれてくる。。。

冷酷でダークな世界!!

まずは緊張感が張りつめる「Rocket U.S.A.」!ヴェガの咆哮が不気味さを増幅させる!!





次は最近ではホラーズもカヴァーしている「Ghost Rider」。
なんとも恐ろしいグルーヴ。映画「Taxi Driver」と見事マッチして
恐ろしさ倍増!!





このアルバムの中でもより実験的でまるでオカルト映画さながらな
ヴェガの悲鳴が恐怖心を駆り立てる「Frankie Teardrop」!




。。「はい、みなさん、いかがでしたか?こわいですね~恐ろしいですね~ミステリ~ですね~」(淀川長治ふう)古すぎw

この手の音楽は好き嫌いがはっきりしそう。。。え!?。。嫌い。。って(笑)


話、変わるけどいよいよ明日はダイナソーとサーストンの対バンライブ!!
今日は興奮して寝られへんわ~(笑)

Suicide




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

大都会NYが産み出した狂気

ゆーすS38_6181




先日長年連れ添ったサーストン・ムーアとキム・ゴードンの離婚という形で
活動休止となったSonic Youth

70年代後半からNYのアンダーグラウンドシーンで活動してきた。
ソニックユースとしての結成は81年。
今でこそソニックユースの名は知れ渡ってるけど
80年代後半まではほとんど知られてなかった。特にここ日本では。

その後88年に発表された『Daydream Nation』で注目を浴びメジャーに移籍
することになった。

メジャー契約以降も素晴らしいアルバムをいっぱい出してるけど
はっきり言って知名度とアルバムセールスは一致していない。

でも、90年代以降のオルタナ/グランジシーンに彼らの存在が大きく
貢献したことは紛れもない事実!

実際あのニルヴァーナやダイナソーJr、マッドハニーと数えだしたら
キリがないほどのアーティストを発掘しツアーに同行させるなど
アンダーグラウンドシーンで活躍していたバンドを世に知らしめた。

ソニックユースはラモーンズにパティスミスやテレビジョン等の
ニューヨークパンクの影響やスーサイドやDNAのようなノーウェイブ、

ヴェルヴェットアンダーグラウンドやストゥージズに強く影響を受けている。

その音楽性は変則チューニングを多様した実験的かつノイジーな
アートロック!特に初期のアルバムは一般的に見たらとっつきにくい
印象。メジャー移籍後はポップな要素やわかりやすいメロディーなど
と一般受けする要素も加わったがバンドの本質はまったく変わっていない。
あと、サーストンにキム、リー・ラナルド、この3人がそれぞれヴォーカルもこなす。

でも、この初期のアルバム『Confusion Is Sex』から『Bad Moon Rising』に
『EVOL』に『Sister』と、ここら辺のアルバムはほんまの意味でソニックユースという
バンドがどういうバンドなのか理解するうえではわかりやすいと思う。
まさに狂気と緊張感、ダークで邪悪、でも時折見え隠れする美しさ
デカイ音で聴いてると隣近所に気が狂ったと思われるかも。。。
実際、オレ様、家でデカイ音でアルバム『Confusion Is Sex』かけてたら
外から帰ってきた嫁さんに
『もっと音下げてっ!!隣近所に頭おかしいと思われるわっ!!』
と怒られたことがある(笑)

Confusion Is Sex








Bad Moon Rising




次は『Bad Moon Rising』からリディアランチがヴォーカルで参加している
Death Valley '69(グロい映像が出てくるから嫌な人はスルーして)





Evol




『EVOL』からは





Sister




次はソニックユースの中でも幾分ポップになったアルバム『Sister』から





このあとアルバム『Daydream Nation』を出してバンドはメジャーへ移籍することになる。

メジャー移籍後はもう少しロックンロール的要素も含め曲の幅も広がっていき

それ以前に比べれば聴きやすくはなっている。そこらへんはまたの機会に紹介するとして

ソニックユースのライブも今まで何度となく見てきたしメンバーそれぞれが他にも
別ユニットで活動していて来日公演があれば大概見に行った。

もう十年以上も前になるけどサーストンとジムオルークのユニットで
「ディスカホリックス・アノニマス・トリオ」というバンドで十三ファンダンゴ
でのライブの時の事。このライブハウスは楽屋がステージの奥にはなく
ライブ終了後、ステージから降りてきたメンバーと写真撮ったり話をしたり
出来るオレ様のスゴイ気に入っているライブハウスやねんけど(オレ様、じつはミーハーです)

ここに行ったときはいつもポケットにカメラを持参していくねんけどこの時も
ちゃっかり一緒に写真撮ってもらいました。サーストンとジムと写ってる写真は今も
部屋に飾っています!あ、そうそうルーバーロウとも写真撮ってもらったな~(自慢かいっ)
どんだけミーハーやねん。。オレ様(笑)
英語話せたらもっと交流できんねんけど(汗)
ダイナソーとサーストンのライブもここで演ってくれたらよかったのに(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Lightning Bolt

Lightning Bolt

今日はロード・アイランド、プロヴィデンス出身のドラムとベースの2人組みLightning Bolt!!

初めて聴いたのは10年ほど前。ソニックユースのサーストンのお気に入りとか何かの雑誌で読んで

タワレコでジャケット見てソク買い。

これがまたカッコイイ音出してますねん!!

ドラムのブライアンはぼろぼろの布で出来たマスクを被ってその中に仕込まれてるマイクに向かって咆哮し

ベースのブライアン(同じ名前)が一弦にギターの弦を張ってブリブリ、ノイズを弾き出すといった

ハードコアでジャンクでノイズなアヴァンギャルドなスタイル!





2006年に来日公演が決定し友達と行くつもりがビザの関係で急遽キャンセル(涙)

で結局2009年に来日決定!
梅田シャングリラのライブを見に行った。

オープニングはあふりらんぽ。結構人気あるみたいで客も多かった。

あふりらんぽのライブが終盤にさしかかった頃、気が付けばステージ向かって左側のフロアにドラムセットとベースアンプやらが

セッティングされていた。そしてあふりらんぽの最後の曲が終わった瞬間に彼らのライブスタート!!!かっこええ!!!!
彼らはいつもステージではなくフロアで演奏する事は知っていたが「おおおおおっ!!!!これやっ」

と、まさに興奮状態!!
ステージ向いて左側を中心にオーディエンスが扇形に集まって酩酊状態!!俺様はドラムセットのまん前を陣取り気が付けばトランス状態!!

途中何回もドラムセットにぶつかりまくりながらもモッシュしてもうてた。こんなライブをするバンドはなかなかおらんと思う。

とにかくめちゃくちゃかっこよかった。フロアで演奏する事による一体感!!逆にステージの上でオーディエンスがひしめき合いながら

ヘッドバンキングしてる様子が不思議な感じ。とにかくいいライブやった。

次、来日するときも絶対見に行く!!!





Lightning Bolt


Wonderful Rainbow


ハイパーマジック・マウンテン


Earthly Delights





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

butthole surfers フジロックフェスティバル2002




今日は20年以上聴き続けてる my favorite band

BUTTHOLE SURFERSについて書こうと思います。

彼らの事は90年代初めのオルタナティブロックが好きだった人は名前くらい聞いた事あると思います。
もっと昔からアンダーグラウンドで活動していた知る人ぞ知る(ニルバーナのカートやチリペッパーズのアンソニーにフリー、数々のミュージシャンにも多大な影響を与えてきた?)
テキサスの怪人、ギビーハインズ率いる変態バンドであります。

で、彼らの音楽はというと一言では表現出来ないのですがガレージロックやサイケデリック、ノイズミュージックにニューウェイブにフォークにカントリーやロカビリーといったまさに
ぐにょぐにょな得体の知れない音楽にステージでの過激なパフォーマンスが当時は話題になっていました。



アメリカではライブ中にVoのギビーが突然オーディエンスにショットガンを発砲!!といっても当然空砲ですがステージに火を点けたりととにかくあぶないやつらなのです。
そんな彼らが日本で知名度をあげたのはニルバーナの世界的ブレイクが要因のひとつでしょう。

Hairway to Steven

新品価格
¥1,435から
(2012/7/15 19:52時点)



確か93年くらいだったと思いますが記念すべきメジャー移籍アルバム Independent Worm Saloonを引っさげての初来日時、大阪公演、今は無き心斎橋クラブクアトロでは
ライブが始まって感極まった女の子のファンがステージに上がってギビーの側に近づいた所・・・・・いきなり女の子をぶっ飛ばしました!!!
場内は一瞬唖然となりましたが、当の本人達は何事も無かったようにその後もカオスな音を出し続け場内はグニョグニョ変態サイケデリック状態が続きました。

しかしファンをなんの躊躇もなくぶん殴る、ましてや女の子を・・・やっぱりキチガイな人ですね。ギビーというお人は(汗)

Independent Worm Saloon

新品価格
¥602から
(2012/7/15 19:51時点)



それから数年後アルバムElectriclarryland(ジミヘンのアルバムをもじった)を出しましたが90年代のオルタナブームが衰退する中彼らの名前はだんだん聞かなくなりました。

そして2001年にいきなりニューアルバムWeird Revolutionを発表!!
待ちに待った朗報に喜び勇んでCDを買いに行き、聴いてみると・・・んんん・・・なんか違う・・・それまでの音楽性とは明らかに違う!!確かにメジャー移籍後はそれ以前とは音楽性が徐々に
変わったというか聴きやすくはなっていたんですが、それにしてもこのWeird Revolutionは、自分的には???

で次の年の2002年!!!なんとフジロックに、ま。ま。まさかの出演決定!!

話が少し変わりますが自分はフジロック97年の1回目から2001年まで欠かさず行っていたのですが2002年は嫁さんの妊娠やら仕事の減少やらでフジロック参加はあきらめていました。
しか~~しあのBUTTHOLE SURFERSが出演するとなるとこれは行かないわけにはいきません。さっそく友人と参戦決定!!!!! なんせこの機会逃したらもう2度と彼らのライブは見れないかも
しれないと思っていましたから。

でもニューアルバムが正直好きになれずライブがどんな風になってるかは期待と不安が入り混じった複雑な心境でした。

それでもあの大好きなキチガイ変態バンドがフジロックのステージで見れる、なんという事だ~~~~~!!! 恐るべしフジロック!!!

でライブ当日、朝から色んなバンド見て夕方レッドマーキーで当時話題のホワイトストライプスを途中まで見て早めにキチガイバンドの出るホワイトステージに到着。

ちょうどGet up kidsの演奏がクライマックスを迎えていて人を掻き分け前方に移動し少し彼らのライブに見入ってました。これがなかなかのライブで疾走するギターリフにどっかメランコリーな
メロディ。結構いいバンドやん! で、ふと我に返りこんな爽やかなギターロックバンドの後にあの悪名高きテキサスの怪人、暑苦しくノイズまみれのケツの穴サーファーズがほんとに
出てくるのか・・・どっちかというとBUTTHOLEの後に控えているこの日のトリであるNYのアングラ大魔王SONIC YOUTHが先に出るほうが流れ的には相応しいのではないか。

ま、人気と知名度でいうとこれは仕方がないのか・・・とか色々考えているうちにGet up kidsのライブ終了!!  するとあっという間に観客がスカスカ状態に・・・ええ~~
今のBUTTHOLEってこんなに人気がないのか・・・初来日のあのすし詰め状態のクアトロとはほど遠いガラガラの会場。
今のうちにと友人達とほぼ最前列に陣取ってビールを煽りながら怪人達の登場を待ちました。

すると1人の男がドラムの調整に出てきた。見たこと無いヤツだがみょーにぶっ飛んだヤツで観客を煽りまくってくる。それに観客も大声で答える(もちろん自分も)

後ろを振り返ると知らぬまに人がどんどん増えてきている。おお~~~やっぱりそうやろ、そらそうやで、なんせ生きた伝説の怪人達がもうすぐここに、いや目の前に、しかもこの苗場の
大自然に包まれた非現実的空間に・・・・・だんだん会場がヒートアップしていき心臓がバクバクしてきた~~~~

ステージではさっきの男がドラムを叩きまくっている。ただ音合せしているだけなのに異常なくらいに反応するオーディエンスに向かってキィ~~チィ~ガァ~~イィ!お前らキチガ~~イ!!
でまた観客がそれに答える!!

だんだん会場にはカオスな空気が漂ってきたところでいよいよ怪人様ご一行がご登場!!!!!!!

ぎゃ~~~~!!!いきなりギビーがギビトロニクスを駆使して会場を一気にノイズの渦に巻き込んでいく。自分は感動の鳥肌全開で涙がこぼれそうになっていた。で1曲目はその年に発表された彼らのレア音源やら未発表曲ばかりを集めた
Humpty Dumpty LSDからOne Hundred Million People Deadを演奏!

Humpty Dumpty LSD

新品価格
¥1,688から
(2012/7/15 19:55時点)



実はWeird Revolutionはあまり好きではないがこのHumpty Dumpty LSD、これはやばいくらかっこいい曲が盛りだくさんの
アルバムで当時よく聴いていたから驚いた!!まさかニューアルバムの曲ではなくこの輸入版しか発売されてないこのマニアックなアルバムからの選曲で来るとは・・・さすがは怪人達、いや
怪人様達だ!!!

そっからは初期の曲を中心に前作までの曲を程よく織り交ぜての変態サイケデリックノイズ合戦が繰り広げられた!メンバーはさすがに歳をとってドラムのキングコフィーなんかは完全に
禿げ上がっていたしギビー様はロンゲにひげ面と風貌こそ変わっていないもののよく見りゃ顔はシワだらけ。しか~~しライブは何も変わらず相変わらずのデンジャラスな緊張感ある
雰囲気で会場を呑みこんでいた。ギターのポールレアりーもイッチャったより眼をギラギラさせて相変わらずのキチガイぶり。会場は終始モッシュやダイバー続出の激しいライブ!!!

そしてライブもクライマックスに入った頃何やらギビーがペットボトルを持ち出しニヤニヤしている。それからおもむろに逆さまになったシンバルにペットボトルの中の液体を注ぎだした・・・
会場は一気に静かになりギビーに注目している。期待と不安な気持ちで。で、ポケットからライターを持ち出すと、会場がザワザワ、もしや・・・そう、ライターを点けるとシンバルに注がれた
液体に着火!!!

あっという間にシンバルから炎が、それでもキングコフィーは何も気にせず演奏を続けている。ギビーが火柱のあがったシンバルを勢いよく何度も叩く、見る見るうちにステージのあちらこちらに
火が着く。慌ててスタッフが数人ステージ横から飛んできて必死に火を消している。その様子を見ながらギビーはニヤニヤ笑いまたシンバルを叩く・・・・何というお人だ。
あんたは悪魔だよギビー様。 で、最後はトイレットペーパーを大量に観客に投げて笑いながらステージを後にした(汗)
で、終わってみたら結局新作のWeird Revolutionからは一曲もやらず!!!ここがほかのバンドとは違う彼らのスゴイところ。彼ら流の皮肉なのか?素晴らしくよくわかったお人達だ!!
今これを書いていても鳥肌が立ってくる。現在はオリジナルメンバーが戻ってきてアメリカではよくライブをやってるみたいだがいつかまた日本に来る日を楽しみにしています。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
プロフィール

呑まれてる蔵

Author:呑まれてる蔵
中学生のときに出会ったパンクロックをきっかけに音楽に目覚め、その後いろんな音楽に傾倒しながら今やいっぱしのおっさんになりさがりましたがいまだジャンルに拘らずいい音楽を模索する旅を続けておりますです。

全記事表示リンク
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
オンライン
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。